ショヘジョ

2020.06.14
2020.07.13

ショートにすれば自由が手に入る♡ヘアカタログとショヘジョ

「ショートヘア」「ショートカット」「ボブ」「髪が短い女の子」と呼び名が多いので、総称を「ショヘジョ」と勝手に決めちゃいました!

そんなショヘジョをメインにした大人気企画『〇〇とショヘジョ』

今回のテーマは『ヘアカタログとショヘジョ』

ショートヘアといっても、輪郭や目鼻立ちによって似合うスタイルは全然違っちゃうもの。

そこで4名のショヘジョたちが自慢のスタイルをヘアカタログ風にご紹介!アレンジを参考にしてみてください♪

 

 

顔まわりをフワッと包み込むようなパーマが主役

やさしくしなやかなパーマと相性がぴったりなショートボブスタイル。

顔まわりをフワっと包み込むようにカールされているので首元やあごラインがすっきりしてキレイに見えるところがお気に入り♡

ムースを揉み込むだけで、フワッフワなボリューム感を楽しめるから、忙しい朝もスタイリングが楽ちんだよ♪

童顔でもOK!カラーとパーマで子どもっぽさ回避

私は背が小さくて童顔だから、お姉さん風なロングも甘めのボブも似合わず、ずーっとミディアムでした。

なんか変えたいなと思っていたとき、サロンのセミナーモデルに誘われて思い切ってショートにしてみることに!

子どもっぽくならないか心配だったけど、明るめのカラーとフワフワパーマを組み合わせればメリハリがついてちょうどいい感じになりました!童顔さんにおすすめのスタイルだよ!

SIDE

BACK


 

 

揺れる髪で顔が映える、ツヤ感とウェーブの仕掛け

前下がりボブに、ほんのりウェーブで隙間をつくることで生まれるラフな毛束感がこのスタイルのポイント。

顔まわりで揺れる髪が上品さを醸し出してくれるところが好き!カラーは明るすぎないアッシュブラウン。

ハイライトもアクセントに入れているので、カジュアルにもモードスタイルにも上手に溶け込んでくれるよ。

ツヤ感を活かしたいからスタイリングはやわらかめのムースを使ってます。

ショートスタイルは私にとって大人の証♡

ハタチの振袖写真を撮り終えて「もう大人だ!」って区切りをつけたくって、長かった髪をバッサリショートにしました。

前髪をつくったのもこれがはじめて!気持ちも見た目も、ショートにしてぐっと大人っぽくなったと思うな。

これまで以上にアクセや洋服選びが楽しくなったし、何よりお手入れが楽だからもうロングには戻れないかも〜(笑)

SIDE

BACK


 

 

首筋がチラッ♡大人の魅力はえり足でつくる!

ノーバングのショートボブです。ショートの人の毛先と肩の隙間というか、首筋の空間が好きで。

だからえり足ギリギリの位置で切りそろえて、首筋がチラッと見えるよう計算してカットしたんです。

どんな動作をしても首筋がキレイに見える、このさりげないひねりを効かせてるところがポイント!

オイルをサラっとつけてウェット感を足すとのにハマってます。

ショートだからこそ磨ける色っぽさに気づいた

長澤まさみさんのように、ヘルシーなショートスタイルなのになぜか色っぽい雰囲気を出せる大人にずっと憧れていて。

美容師さんに相談して挑戦してみました。

ショートにしてからは首筋やデコルテが気になって、メンテに時間を割くようになったんだ。

ショートだからこそ磨ける色っぽさってありますよね。

最近は濃いめの赤リップを使って、大人っぽい雰囲気にしてみたりして楽しんでます。

SIDE

BACK


 

 

スタイリング次第でモードもフェミニンも思いのまま

コンパクトなシルエットでさわやかなんだけど、長めの前髪をフリンジのように軽やかに遊ばせて少しエッジを効かせてスタイリングしてます。

前髪を流せばキレッキレなモードスタイルに、ふんわりカールさせればフェミニンに、スタイリング次第で雰囲気を変えることができちゃうのがこのスタイルのいいところ。

いろんな自分を演じる気分で楽しんでアレンジしてます!

ショート一筋の私が惚れ込んだ前髪アレンジ

私は小学生からずっとショート一筋!黒髪もこだわって続けてるんだ。

大きくイメチェンをすることはないので、前髪で雰囲気を変えて遊ぶことが多いかな。

ワックスやオイルでアレンジすることもあるけど、ブローしただけのバサっとした感じも好き。

タートルネックにピアスというシンプルなコーディネートでも、おしゃれっぽく見せられるのでほんっとに楽!

SIDE

BACK

荒谷 柚風 -Yu-ka Araya-
 

1997年11月11日生まれ。
ミス青山コンテスト2018出場後、テレビドラマなどで活躍中。

 

谷口 愛祐美 -Ayumi Taniguchi-
 

1998年1月17日生まれ。
応募総数約5,000人の中から選ばれ、2017年より劇団4ドル50セント劇団員として活動。

 

知夏 -chinatsu-
 

1994年8月14日生まれ。
自身のファッションブランド『C‘s』を運営する、フランス仕込みのマルチタレント。

 

平良 美寿紀 -Mizuki Taira-
 

1998年12月15日生まれ。
ドラマや広告など女優として活動中。

 

 

Photo:Kana Shinya
Hair Makeup:Noriko Okamoto

「RÉMU WEB」のフォロワー募集中!