エンタメ

2020.10.16 18:05
2020.10.16

トレエン斎藤、無駄遣いを言い訳するも… 妻のド正論に「ぐうの音も出ない」

斎藤司

お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が16日に自身のブログを更新。無駄遣いを妻から責められ言い訳するも、ぐうの音も出ないほどの正論で返されたことを明かした。


■「役立たず」の現状を嘆く

番組のロケで、背骨の圧迫骨折と右手首捻挫をして全治3ヶ月のケガを負った斎藤。「役立たずの僕」のタイトルでブログを更新し、「僕は今家にいて家事含め殆どのことを手伝えない 自分のことだけギリ、下手すると妻の手を煩わせる」と家事や育児に協力できない現状を嘆く。

抱っこして子供をあやすこともできず、「私の顔芸も新生児の前では蛇足。火に油」と芸人のスキルも活かせないため、自身について「とどのつまり自分を評するなら僕は今家で。役立たずだ」とつづった。


関連記事:トレエン斎藤の大怪我を番組が謝罪 「安全対策が行き届いておらず」

■妻の正論に「ぐうの音も出ない」

そうした中、骨折する前に買っていた洋服が自宅に届く。妻から「また高い服買って」と怒られたため、「これは俺じゃない、昔の俺なんだ」「今年はコロナもあったし、腰もやったし、全てこの僕の本厄、大厄のせいだ」と冗談交じりで言い訳したところ、「コロナと腰以外は厄のせいじゃないでしょ」と無駄遣いを責められたという。

妻から正論をぶつけられた斎藤は、「ぐうの音も出ないとはこのことさ」と反省するのだった。


■家事を手伝う良き夫

骨折による無力さをつづった斎藤だが、骨折する前は家庭のことを率先して手伝う「良き夫」だった。妻でブロガーのしゅんさんは、骨折後のブログで、電球を取り替える斎藤の写真を投稿し、「いざできないってなったとき有り難みに気づく」と感謝していた。

斎藤は15日のブログで「絶対身体治ってきた」とケガの経過をつづっている。早く元気になり、夫としての自信を取り戻してほしい。

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

「RÉMU WEB」のフォロワー募集中!